ポレーヌNYCのチャーム

機械での裁断と手作業による仕上げ

ポレーヌNYCのチャーム
カッティングテーブルで切り出し、手作りされたニューヨークのブティック限定のコレクションです。
ブロードウェイ487番地にあるポレーヌのブティックの周辺には、機械的な外観が見事なガラス空間が広がり、 インテリアデザイナーのヴァレリアンヌ・ラザールが手がけた洗練された繊細な空間と対照をなしています。

ガラスのキオスクの下に設置された最新鋭のロボットアームで、豊富なデザインと革の端切れを使用して、レザーグッズのクラフトの全工程に従いながら、革の端切れを再利用する体験ができます。お客様が革の端切れを引き出しに入れると、機械がそれらを取り出して作業台に並べます。次に、裁断機を使用して、素材を無駄にすることなく革の一枚一枚を最適なサイズに正確に切り出していきます。 その後、マロキヌリのサヴォアフェールを習得したブティックのスタッフが、さまざまな技法でパーツを組み立て、ブラッシュゴールド仕上げのメタルパーツを加え、革にカスタマイズされたホットスタンプを施します。

Explore more 革の端切れのアップサイクル

See all
革の端切れを利用したスモールレザーグッズ
革の端切れを利用したスモールレザーグッズ

特定の商品を検索する